教育体制に不安を感じるところは避ける

看護師になって初めて働く病院は、教育制度が整っているところかどうかは入る前に調べておきましょう。

教育体制ができていないところだと、スキルアップが望めません。

教育体制が整っている職場の探し方を知っておきましょう。

・教育体制が整っていない例

教育体制が整っていない病院の例として、教育担当者がいない、プリセプター制度がない、研修や勉強会が全然ない、マニュアルがない、勤続年数が短い人ばかりいるなどです。

応募をする前に、どんな職場かなと調べるかと思いますが、教育体制がどうなっているかを確認するようにしましょう。

・教育体制が整った病院の見つけ方

教育体制が整った病院は、新卒看護師の採用人数が30人以上である、公立病院や大学病院、教育担当者がいる、マニュアルが完備している、ローテーション研修を行っている、などです。

病院のホームページなどで、教育体制について紹介していますので、内容を確認すると良いでしょう。

・大きな病院ほど充実

基本的に、大きな病院では教育体制が整っています。

教育担当者や教育師長といった人がいるところだと安心と言えそうです。

新人看護師は現場でしっかり教育してもらわないとスキルアップできません。

人の命を預かるところですから、きちんと教育してくれる病院を選ぶようにしましょう。

新人看護師が現場で困ったことがあった時、誰に聞いたら良いのかわからないようなところだと不安になります。

教育担当者がしっかりいると、誰に聞いたら良いかが明確なので安心です。

Comments are closed.