結婚指輪の基礎知識

結婚指輪に関する総合情報

結婚指輪を選ぶのは人生で一度きりのはずです。一生身に付ける物ですから選ぶ時には基礎知識も知っておきましょう。

結婚指輪に関する総合情報mainimage

結婚指輪の基礎知識

一般的には結婚指輪をブライダルリング、婚約指輪をエンゲージリングと呼んでいます。

エンゲージリングは、男性から女性へプロポーズの時に渡すのが定番となっています。

結婚指輪の場合は夫婦がお揃いで身に付ける物なので、大抵はデザインもお揃いになります。

仕事上指輪をつけていられない場合は大切にしまっておき、プライベートな時間のみ身に付けるという人もいます。

こういう場合はチェーンに通してネックレスとして、肌身離さず持っている事もできます。

まず結婚指輪は長いあいだ身に付ける事を前提としているので、つけ心地はとても重要です。

既製品の多くはシンプルでつけ心地も考えたデザインですから、常に指にはめていても邪魔になる事はほとんどありません。

しかしオーダーメイドでオリジナルデザインの結婚指輪を選んだ場合、デザインによっては繊維に引っかかったり、肌を傷つけてしまったりという事もあるので注意しましょう。

素材はプラチナかゴールドを選ぶのが一般的ですが、金属アレルギーの人はゴールドが使えないので、こういう場合はプラチナを選べば大丈夫だと思います。

デザインに関しては好みなどもありますので、夫婦が揃って買いに行くのが一番かもしれません。

男性はあまりアクセサリーに興味がないので、女性に好きなデザインを選んでもらうというのが多いかもしれません。

どちらかというと、シンプルな結婚指輪の方が普段のスタイルにも合わせやすいのでおすすめです。

よかったらコメントをお願いします。

ペンネーム

URL

性別

男 /

コメント